スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】突然ですが…。

2012.07.07 16:01|パソコン/カメラ/ブログ

今日はお知らせがあります。

私、SPDは本日から「かみぃ」に改名します(笑)

唐突すぎますね、すみません。


そもそも皆さん、SPDの由来って知ってらっしゃいます?

僕がインターネットという文明を手に入れたのがこのブログを開設した2005年です。
当時高校生だった僕の趣味といえば戦隊モノ。
絶賛放送中だったマジレンジャーと前作デカレンジャーにとにかくハマっていたのです。

そこで、インターネットを始め、ハンドルネームが必要となったとき、
そういうのを考えるセンスが皆無な僕は、好きだったデカレンジャーから、
SPD、スペシャルポリスデカレンジャーをそのまま頂いてしまったのです。

一度浸透してしまったものはなかなか変えることができず、なんやかんやで7年も経ってしまいました。
今更変えるなんて、とも思いました。

だがしかし!!!

SPDってそもそも読みづらいし、特撮のこと知ってる人の前では恥ずかしくて名乗れない。
よく考えたら(考えなくても)中2感丸出しじゃねえか!!恥ずかしい!!
しかもこのハンドルネームで商業活動をしてるわけではないとはいえ、東映さんになんか申し訳ない!


そういうこともありまして、この度の改名に到りました。

で、改名後の「かみぃ」ですが、

これは本名の一部をもじったものです。
本名の一部とはいえ、僕の名前は変わってるので素性がバレることはまぁありえないんですが、
それでもやっぱり違和感はありますww
これに近いニックネームで呼ばれたりもしますし。

ツイッターで呼びかけたらこれが一番最初に候補にあがって、他にいいのも思いつかなかったし、
まぁありかなと思ったので(笑)
カミィとか、Kammyとかカミーとかも考えたんですけど、この中だったらやっぱひらがなが1番しっくりきますし。
まぁちょっと響きが可愛すぎる感は拭えないのですが。


そういうわけで、皆さんも違和感があるでしょうが、僕もあります。
とにかく違和感を押し殺し、かみぃと呼んで下さい!!
こういうのは慣れですよ、慣れ!!

過去記事の整理のお知らせ

2012.04.23 18:41|パソコン/カメラ/ブログ

皆さんこんばんは!

1週間って早いっすね~。
前回の記事からほぼ1週間もたっててビックリ。

さて、今日はお知らせです!!

1つ目。
先の無断転載の件の影響で未公開になっているバレーの写真記事ですが、
写真にサインを入れて再アップして、公開にする作業を順次行なっております。
すべて終わるのは5月中旬~下旬を予定しています。

2つ目。
バレー系の過去記事のカテゴリ整理を行なっております。
今や話題のほとんどがバレーなのにもかかわらず、カテゴリが2つなのもおかしな話だと思ったので、
2つのカテゴリを、左にありますように5つに増設しました。
今後、以下のように分類したいと思います。

「バレー雑記」…下4つのカテゴリに属さないものすべてをここで書きます。

「バレー試合予想・感想」…バレーのリーグや大会の順位予想や、試合の感想を書きます。
これによって過去の大会の試合の感想を探しやすくなる…はずです。
きちんとした感想記事じゃなくても、ちょっとでも感想っぽいことが書いてあればここに置く予定です。

「バレー写真まとめ」…今まで写真記事をアップする際に1つアップしていたまとめ記事をここに移動しました。これによって大会ごとの写真が探しやすくなる…はずです。
突発的に行った女子の試合や、昔の試合等はまとめ記事を作成していないので、
全ての写真を見たければ以下のカテゴリから閲覧したほうがよいかも。

「バレー写真記事」…バレーの写真をここに。

「バレー配布系」…バレーの自作壁紙やスクリーンセーバーをここに置きます。


まだ全ての記事の移行が完全に終わったわけではありません。
こちらの以降は4月中を目処に終わらせる予定です。

なんか前より使いづらいかも、とか
こうした方がいいのでは!?
というご意見がありましたらお気軽にコメントお願いします。

お知らせ

2012.01.07 20:26|パソコン/カメラ/ブログ

僕は怒った!!

またこのブログの写真を加工してアップしてる人がいる!

携帯サイトは無法地帯すぎる。
「プリ画像」というサイトも僕の撮った写真がたくさん出回ってるし、もう我慢ならない。

このブログのバレーの写真は一部を除いてすべて非公開にします。
無期限です。
来月は試合を観戦しに行く予定ですが、新しい写真も今までのようにはアップできません。
サイズも小さくして、サイン入りの写真アップになると思います。
一部閲覧できるようにしてあるのは、コメントで要望があったのと、
今のところ堺メンバーと永野選手の転載は少ないように見えるためです。
(というか永野選手の転載は1枚も見かけない。それはそれでちょっと悲しい?)

マナーよく楽しんでくださっていた方には本当申し訳ないです。
お友達から"そろそろ写真に制限を設けるべき"という意見もたくさん貰ったので、
残念ですがこれからはそういう方向性で行こうと思います。

作例

2012.01.06 04:20|パソコン/カメラ/ブログ
それでは作例を載せようと思います。今回は写真を撮った位置別に載せようと思います。
ここの画像はトリミングは行わず、縮小だけしてます。

 
 
①の位置から撮った写真
 

ISO感度:2000
絞り値:F3.2(設定ミスったw)
シャッタースピード:1/160
焦点距離:160mm
 
この位置から撮りやすいのはなんといってもトスアップでしょう。
①からほぼ正面を向いて撮った写真。
この写真はもっとシャッタースピードをあげればボールも
ブレずに撮れたでしょうに。
僕は明るい写真が好きですねぇ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ISO感度:1600
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/160
焦点距離:120m
 
諭吉やあにたんなどのレフトアタッカーは、ガッツポーズをこちらに向けてしてくれる可能性高いです。
ゴッツもしてくれるんですが、激しくて撮るのが難しいです(笑)
 
 
 
 

ISO感度:2000
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/200
焦点距離:145mm
 
①から少し右を向いて撮ったアングル。
 
レシーブを撮りやすいのもこの位置でしょう。
 
もっと右にカメラを向ければ、もちろん東レ側のサーブも撮れます。
 
 
 

ISO感度:2000
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/320
焦点距離:140mm
 
ぐっと左に向ければ、こっち側のサーブも撮れちゃいます。
 
コート中央サイド側は個人的には最強の席だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
②の位置から撮った写真
 

ISO感度:1600
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/125
焦点距離:200mm
 
ブロック撮るなら絶対に②の位置から!
あなたのカメラのリードブロックが試される!(笑)
いや、僕はだいたいコミットですが。
 
 
 
 
 
 

ISO感度:2500
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/250
焦点距離:200mm
 
エンド席一番の魅力はこういう写真が撮れる可能性を秘めてることでしょう。
 
まさにバレー撮ってる!という感じ。
 
あにたん打点高すぎですな。
 
 
 

ISO感度:2000
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/250
焦点距離:200mm
 
ネット越しでもこんなにかっこいい写真が撮れます。
悪くないです。むしろ好き。
この場合ネットにピントを持っていかれやすいのが困る。
 
 
 
 
 

ISO感度:2000
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/160
焦点距離:200mm
 
この写真なんてエンド席じゃなければこんなにいい笑顔撮れなかった。
エンド席にも可能性は秘められているんだ!
確かにサイド側に比べると撮りにくいけれどもだ!!
 
 
 
 
 
③の位置から撮った写真。
 

ISO感度:2000
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/640
焦点距離:150mm
 
この位置からレフト選手のスパイクを撮ってもこうなる場合が多く、あまり向かないと言えると思います。
 
ちなみにこの写真を撮った墨田区総合体育館はちょっと他とは比べ物にならないくらい明るいです。この設定で、シャッタースピード1/640でこの明るさとかかなりカメラマンに優しい体育館といえます。
 

ISO感度:1600
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/250
焦点距離:195mm
 
ほぼ正面での写真ですね。
こういう写真が撮れるのは嬉しいですよね。
やはりサイド側は強いです。
 
 
 
 
 
 

ISO感度:800
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/100
焦点距離:195mm
 
試合後のシャッターチャンス。速い動きではないので、ISO800でシャッタースピードも下げてます。
 
この条件でピントが合えば、さすがに綺麗な写真になります。
等倍で見ても僕の素人目ではノイズも全然目立ちません。ですがこの条件だとちょっとしたことでぶれたりするので注意が必要。
 
 

ISO感度:2000
絞り値:F2.8
シャッタースピード:1/500
焦点距離:130mm
 
サーブを撮るのに最も適しているのは③でしょうね。
 
この写真、ISO2000,SS500と僕の写真の中ではかなり早いスピードに設定してるだけあって、動きがピタッとなってるのがわかっていただけるかと思います。
この写真はJPEGで撮りましたがRAWで撮影した場合はもっと綺麗な仕上がりになります。ノイズは減りはしないけど、明るさは結構なんとかなります。ISOやSSをあげることが有効なのもわかっていただけるかと。
 
 
いかがでしたでしょうか。
なんとなく雰囲気が伝わればいいのですが。
例えばあなたが合成のうっちーの大ファンだとして、うっちーのトスアップの写真が撮りたい!
と思ったとします。
そこで③番の席だったら、そりゃ難しいのがわかると思います。
目の前のコートに来たときは、トスアップ時はほとんど背中を向けられるし、
右のコート時に撮ろうとしてもネットに阻まれます。
そういう時は…残念だったと諦めるか、うっちーがライトを向きながらトスアップするシーンが奇跡的に多いことを祈りましょう!!
無理にうっちーのトスアップを狙わずに、狙い易い写真を撮ることを心がけたほうがいいと思いますね。
幸い、Vリーグには素敵なイケメン選手がたくさんいますし!!(僕がいうと妙に説得力があるぞ)
 
以上にて、役に立ったかはすこぶる微妙な、
バレーの写真を撮りたい!コーナーを終わります。
ここまで読んでくださってありがとうございました。
質問・要望があったらお気軽にコメントまでどうぞ。

第三弾・会場にてどう撮るか

2012.01.06 02:32|パソコン/カメラ/ブログ

さて、カメラとレンズが揃ったところで、ついに撮影です!

まず席につきますよね。
そこからが撮影の準備の始まりです!
何回も写真を撮ったことのある体育館でなければ、まずネットや準備してるスタッフのかた(笑)を撮ってみて感じをつかむ。
だいたいどれくらいの明るさの体育館なのか、とか、ホワイトバランスはどうかとか。
僕は未だにホワイトバランスの調整がうまくできないので(!)
ここで撮ってみて、プレビューして良い感じだったらそのままJPEGで撮る。
えっ、黄色いっ!と思ったらRAWで撮影して、自宅のパソコンで現像する際にホワイトバランスを調整してます。
本当は会場で最初に調整したほうが絶対楽なんですけどねぇ。
そしてメディアの容量が許せば全部RAWで撮ったほうがいいと思います。
確かにパソコンでの現像は面倒ですが、写真によっては出来上がりに差が出ます。
会場で「しくったぁ~。」という写真もRAWの現像の際に救済できる可能性も多分にあるので、
できる限りRAWで!大きい記録メディアを!
大きくて記録速度が早いほうがいいですね。連射するので。


明るさが掴めたら、次は今日撮る写真のイメージを決めるといいますか、席によって撮れる写真って全然違いますよね?
例えばエンド席でしたら向こう側のチームのブロック・スパイクが撮りやすいです。
特に2階のエンド席ですね~。
ど真ん中エンドではなくて、ちょっと横気味のエンドだったらレフト・ライト側からのスパイクも撮りやすいかも。
あとは手前チームの得点後の円陣や、ガッツポーズなんか撮りやすいですね~。
自分の目の前で誰かがサーブを打ちますよね?
そこでサービスエースなんてとったりしたら、ブロックに構えてた選手がこっちを向いて笑顔で出迎えてくれる可能性大。
そういうのを予想して、カメラを構える必要がありますね。
サーブを打つ前、レシーブ・ブロックを構える選手の背中を撮るのも悪く無いと思います。

サイド側だとそれはもうシャッターチャンスはたくさんあると思います。
キッズエスコート時なんか撮りやすいですよね~。
もし反対側の席でも大丈夫!
試合後の応援団への挨拶はほぼ逆ですから。その時試合に勝ったチーム側でしたら笑顔の可能性大!シャッターチャンスを逃してはならない。
選手によっては手なんか振ってくれちゃったりして、最高ですね。

サイド側でも目の前が主審の方(主審の背中が見える方)でしたら、セッターのトスアップなんかがおすすめ。
そっちからだったらライトの選手も撮りやすいですね。
逆側だったらレフトの選手が撮りやすいです。

こういう風に、席によって撮りやすい写真とかがあります。
僕はチケット取るときあまり席を気にするほうではないのですが、チケット取る手段によっては席を選べると思うので、
撮りたい写真があるなら、それも考慮してチケットを取るといいかと思います。

あ、決定的なシャッターチャンスといえば勝利の瞬間ですので、パチパチと拍手をするのも大切ですが、
好きなチームが勝ちそうなときはカメラを構えることも忘れてはダメですよ!


次は実際どのような設定にするかどうかですね。
カメラによって多少の違いはあるかと思いますが、一眼レフならだいたいくるくる回すダイヤルがついていて、
それで撮影方法を選びますよね?

今まで書いてきた通り、バレー撮影にあった条件を満たす撮り方は結構限られてると思います。
オートモードとかは多分論外だと思います。
使うのは絞り優先モードか、マニュアルモードがいいと思います。
キャノンならAvかMのダイヤルですね。他のメーカーはわかんないです(おい)

・絞り優先モード
自分で絞り値を決めて、それに見合うシャッタースピードがカメラ側で決定される。

絞り優先で撮る場合、まずは絞りを開放に設定します。
つまりF値を設定できるかぎり低くするということです。
ISOもオートではなく、固定しちゃったほうがいいでしょう。
フルサイズ以外の一眼レフでしたら、ISO1600から3200までの間でなんとかなると思います。

あとはシャッターを切ればカメラが勝手にシャッタースピードを決めてくれます。
体育館とカメラにもよりますが、F2.8でISO1600ならだいたい1/300くらいは出ると思うんですが。
ぶっちゃけ絞り優先モードは使わないのでわかりません。
僕がこのモードを使わないのは、思ったような明るさの写真にならないからなんですよね~。
イメージより暗い写真になっちゃう。
そして明るさが写真によって変わっちゃうのも好みでない…。


僕が使うのは
・マニュアルモード
絞りとシャッタースピードを自分で決定して撮影する。

ISOと絞り値に加え、シャッタースピードも自分で決めちゃう。
そうすればイメージした写真になりやすい感じがするんです。ピントがあえばの話ですが。


僕が実際撮影してる方法を書きます。

まず、僕の使うEOS50DにはMの他に、C1とC2というダイアルがあります。
内容はMと同じで、すべて自分で設定できて、その設定ですぐ撮影できるといいますか、
カスタムできるってことです。
うん、わかりづらいですね。
僕はこういう風に登録してます。

M→ISO1600,F2.8(最小),SS(シャッタースピード)1/200
C1→ISO2000,F2.8,SS1/400
C2→ISO800,F2.8,SS1/100

分かる人にはわかっていただけると思うんですが、
Mを常用します。普通のガッツポーズぐらいだったらブレずに撮れます。

それより速い動き、サーブやレシーブ、スパイクを撮ろうという時は、ダイヤルをクリクリッと動かし、
C1を使います。ちなみに、速い動きは1/400程度ではほぼ確実にぶれます。
僕は明るい写真が好きなのでこの設定ですが、ボールや手をぶれずに撮りたい!と思う方は、
画質や明るさを犠牲にして、ISOをあげるか、SSを上げるかの選択を迫られます。

普段より遅い動き、例えばキッズエスコートで並んで立ってる時、試合後のストレッチ時は、
遅いシャッタスピードでもブレないため、より綺麗な写真にするために、C2の設定を使います。
でもこの場面は普通にMの設定でも撮れますし、ISO1600の画質で十分の方には必要ないかもしれません。
それよりもC1で対応できない場合のために、ISO2500,SS1/600とか登録してたほうがいいのかも。

撮りたいシーンに合わせ、3つのダイアルを使いこなし、
さらにEOS50Dは右上のダイアル(今までのとは別のやつ)を人差し指で軽くクリクリッと回すだけで、
簡単にシャッタースピードが変えられるので、それも活用しつつ撮影してます。


他の設定としては
高速連写、測距点はオートだったり、中央だったり。
フォーカスモードはワンショットAFを使います。
もちろんオートフォーカスさんにお世話になりますが、
なかなか合わないとき(ネット際とか)や置きピンしたいときはマニュアルフォーカスも使います。


注意点としては…
フラッシュは焚かないように設定に気をつける。(一眼は間違ってフラッシュを焚くことはないと思いますが)
連射ばかりしてるとシャッター音がカシャカシャします。
隣の人がお友達だったり空席だったりする場合は問題ないと思いますが、
隣に知らない人が座ってる場合は気を使いましょう。

音だけの問題ではなく、写真ばかりに気を取られて試合を肉眼であまり見ないというのはもったいない気もします。
僕は次のプレーはサーブ、誰々のレシーブ、ブロック等、ワンプレーだけ撮るシーンを決めて、それ以外はプレーを見ることにしてます。
まぁ最初のうちにそれだと、いい写真が撮れないかもしれないので、数打つことも大切だとは思いますが…。


うーん、まとまりもなく書きなぐりましたが、この記事は少しでも誰かの役に立つのだろうか?
何か質問があれば分かる範囲でお答えします!!
足りないことがあったらまた追記しますね。

次の記事で作例を載せたいと思います。

第二弾・バレーに向いたボディとレンズを考える

2012.01.06 01:38|パソコン/カメラ/ブログ

第2段です。

第1段の知識を踏まえて、どんなカメラやレンズがバレーに向いてるか考えたいと思います。
今回はデジカメのことは置いておいて、デジタル一眼のことについてです。

※注意
管理人は写真撮影のプロではありませんし、学校でそういう勉強をしたわけでもありません。
ネットや説明書等を読み、実際にバレーの試合を撮る中で感じたことを素人ながらに書くだけですので、
記事の内容を鵜呑みにはせず、参考程度に考えて頂けたら嬉しいです。


まずはメーカーを考えなければいけませんが、僕的にはほぼ二択だと思います。
そう、キャノンかニコンです。

一眼レフの一番の魅力はやっぱりレンズを変えられるということで、
そのレンズの選択肢が断トツで広いこの2つのメーカーが強いと思います。
純正だけでなく、シグマやタムロン等もこの2社用のレンズを出しますし、
既にレンズを持ってるとかでないなら、この2社が無難だと思います。

どっちにするかですが、それはもう好みとしか言いようがない…。
僕個人の印象で言えば、キャノンはこう素人でも入りやすい感じで、
ニコンはちょっと玄人向けというか、ちょっとアーティスティックなイメージなんですよね。
あとはキャノンは岡田将生くんが可愛くて、ニコンはキムタクがちょっとイラっとくるということですかね。
えぇ、ものすごく私感が混じってますが。

僕はキャノンです。使って2年目ですが、今のところ不満もないです。

そういうわけで、今回はキャノンの機種について考えてみようと思います。


キャノンの今の一眼レフは大体こんな感じ。すべてボディ(カメラ本体)のみの価格で、
1月5日時点での価格コムさんの値段を参考にしてます。

初級者向け
Kiss X4 \43,000-
Kiss X5 \48,000-

中級者向け
EOS 50D (管理人使用・生産終了)
EOS 60D \67,000- (50Dの後継機)
EOS 7D \95,000-

上級者向け
EOS 5D MarkⅡ 15万以上
EOS 1D 系 いいやつは50万とか


最近の機種は初級者向けのKissでも高感度の画質は結構良いみたいですね~。
Kiss X5は今年出たばかりですし、7Dと劇的に画質が違うということはないのかも。

上級者向けの5Dあたりからはフルサイズ機といって、画質がツーランクぐらいアップします。
ISO6400でもへっちゃらなのではないでしょうか。
がしかしですよ、お値段がね、ちょっとね。
しかも7Dまでの機種はAPS-Cサイズといって、焦点距離が約1.5になるんです。
ですからフルサイズを買うとなると、もっと焦点距離の長い望遠レンズが必要になり、
それはそれはもうお金がたくさん必要になりますので、
バレー撮るならハイアマチュア向けの7Dくらいまでが現実的なのではないかと思ってます。
ニコンの場合も同様にAPS-Cサイズがいいかと思います。
もちろん、将来的にフルサイズを考えてる方はそれこそレンズの焦点距離が変わり、買い換える必要もでてきそうなので、
最初から頑張ってフルサイズを買ったほうが効率よいかと思います。
僕は将来的にもフルサイズに移行する気は毛頭ないのでいいのですが。

はい、これで候補が4つに絞れましたね。
X4と7Dでは倍も差がありますね…。

7Dもすげー買いどきだとは思うんですよ。発売当初は17万しましたから、約半値です。
連射も早いし、APS-Cの中ではハイスペックです。
だけどいかんせん古い。
2009年発売ですからね~。もうすぐ新型が出るという噂もあるにはあるし。
高感度撮影に関しても、あまり評判もよろしくはありません。画素が多すぎるって意見が多いようですね。
その点、X5は今年出たばかりとあって、高感度撮影の評判も上々。
一眼にしてはかなり軽い方なので、比較的持ち出しやすいというのも魅力だと思います。
記録媒体もSDカードなので比較的安価。
連射に関してだけいえばやはりバレー撮影に関しては物足りないかもしれない。
だけど早い連写が必要な時ってサーブやスパイクのときぐらいですし、妥協できる範囲だと個人的には思います。

60Dを買うくらいならもう7Dにしなされ、と思います。(ほんっとに個人的意見です)
そういうわけで僕がおすすめする機種はKiss X5ではないかと思ってます!

2~3年使って、慣れた頃には7Dや60Dの後継機が発売されて、少し安くもなってるでしょうし、
うん、入門ならKiss X5がおすすめです!!

いや、もちろん買うなら自分で触って、もっと調べてくださいね(笑)


さぁ、次はレンズだ。
これがまたね、困ったもんなんですよ。種類も多いし、高いんですよ。

まずは焦点距離のお話から。
僕が持ってるレンズはCanon EF70-200mm F2.8 L USMですが、これに不満を感じることはほぼありません。
前述の通りAPS-Cですから実質300mmまで写せるということもあり、ほぼ足ります。
東京体育館や有明の遠い席だとちょっと足りないかな、とも思いますが、
120-300mmとかだとまたお値段が跳ね上がりますので(苦笑)
値段やレンズの重さ、使用頻度から考えてもAPS-C機を使うなら200mmまででだいたい大丈夫だと思います。

レンズには大きく分けて単焦点とズームレンズがあります。
僕は単焦点を持ってないのでなんとも言いがたいですが、やはりデジカメからランクアップするにあたっては
ズームができないというのには違和感を感じてしまう人が多いと思います。
バレー会場においても、客席によって、選手の位置によって撮りたい距離が変わりますから、
やはりズームレンズが無難なのかなと思います。
ただ、単焦点は写りがズームレンズよりいいと言われますし、F2.8より明るいレンズが存在するのも確か。
CANON EF135mm F2L USMでバレーを撮られてる方を知ってるのですが、それはそれは綺麗な写真でしたね~。
常に135mmだと短いかもしれませんが、Canon EF70-200mm F2.8 L USMと併用すればいい感じになると思ってます。
そういうわけで僕が次に狙ってるレンズはCANON EF135mm F2L USMです。(なんだその情報w)
ちなみにCANON EF135mm F2L USMはズームレンズに比べるとちっさいのでそこも魅力の一つですね。


さて、それではズームレンズの候補を幾つか書きだしてみましょう。


1.キャノン:EF70-200mm F2.8L USM \120,000-
2.キャノン:EF70-200mm F2.8L IS USM (生産終了・多分中古で\12,000くらい?)
3.キャノン:EF70-200mm F2.8L IS II USM ¥200,000-
4.シグマ:APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM (キャノン用) \80,000-
5.シグマ:APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM(キャノン用)\105,000-

2,3,5,は手ぶれ補正付きです。
でもバレー撮影で手ブレ補正はいらないと思います。
三脚が必要!とおっしゃる方もいますが、少なくとも僕は一脚も三脚も使用したことはありませんので、
使わなくても僕ぐらいの写真は撮れます。きちんとした姿勢で撮ればそんなに手ぶれしないと思いますよ。
カメラが大きいのでホールド感もばっちりですし。
そういうわけで2,3,5は候補から除外しちゃいます。
いや、理想を言えば3番が買えれば一番ですよ?評判も最高ですし。
だたお金の兼ね合いもあるので、ここは1番か4番をおすすめしたいと思います。

純正か否か。
どーなんでしょうね、比べればもちろん純正のほうが画質はいいでしょうけど。
ちなみに僕はEF70-200mm F2.8L USMを中古で10万を切って購入しました。
中古ですからモノにもよりますが、僕は今のレンズで全く問題なく使用出来てます。

ただ、もし売るときは純正のほうがかなーり有利です。
そして僕はもう慣れてしまいましたが、純正の白レンズは大きいですし、かなり目立ちます。
あっ、そうそう、大きいんですよ、レンズ。
僕は腕の力がある方なのでそんなに疲れもしませんが、女性のかたとかは一脚あったほうがいいのかもなぁ。
よくわかんないや←投げやりかw

シグマさんのレンズは黒でかっこいいですし、ボディにも合いますよ。
がしかし、純正より重いけど(笑)

ズームレンズが高い!という方は
CANON EF135mm F2.8 \36,000-
とかでも撮れると思いますが、このレンズの場合後々EF70-200mm F2.8L USMを買ったりしたら、
撮影可能範囲がだだ被りになってしまいますので、計画的に購入したほうが良いでしょう。

繋ぎ的に購入するよりも、本体とレンズが一緒になってるWズームレンズキットなどは安いですし、
それについてるEF-S55-250mm F4-5.6 ISのレンズでもISOを高くするとうの工夫によっては、
全然撮れないなんてことはない…と…思う…のですが。
F5.6…やっぱ無理かな?(笑)


ここから更に必要に応じて記録メディアやカメラバック、レンズを保管する防湿庫などを買わなければなりません。
僕は防湿庫は持ってませんが…。
とりあえず、記録メディアはとにかく大きい容量のものをおすすめします。
理由は第3弾で詳しく述べますが、RAWというので撮影すると容量を激しく消費するためです。
でもRAWで撮ったほうがいいから、メディアはなるべく大容量のものを!

あ、ちなみに最近のカメラは画素数がやたら多く、更にRAWで撮影したりしちゃったら、
そりゃあファイルサイズが大きくなります。
パソコンのスペックによっては、現像(パソコンでの処理)のとき、困ります。
現像できないとはいいませんが、非常にストレスがたまりますので、パソコンの処理性能も高いほうが望ましいです。
はぁ、バレー撮るのってお金かかりますねぇ。

ぶっちゃけていうと、これらの機材、写真が好きでなければあまり使いません。
50D,60D,7Dまでくるとね、重いんですよ。
友達と旅行にいくときやら、気合の入ったお出かけ時には持って行きますが、
ちょっと遊びに♪というときには持って行きづらい。
ボディもそうだし、普段撮りのレンズをつけてても荷物になるんですよ、個人的にはですけど。

ましてや70-200mmの望遠レンズともなれば、本当にイベント時にしか使わないのでは?
いや、散歩がてら桜を撮りに行くぜ!とかいう人はもちろん活用できますが、
そうじゃない人はバレーの試合とか誰かの運動会とか、パレードとか祭りとかにしか使用機会がないと思うので、
使用頻度に見合う買い物かどうか見極めが必要だと思いますね…。

それでは最終、第三弾・会場にてどう撮るか編です。

第一弾・知っておきたいこと

2012.01.06 00:33|パソコン/カメラ/ブログ

第一弾はバレーに必要そうな写真撮影の基礎知識を書きます。

※注意
管理人は写真撮影のプロではありませんし、学校でそういう勉強をしたわけでもありません。
ネットや説明書等を読み、実際にバレーの試合を撮る中で感じたことを素人ながらに書くだけですので、
記事の内容を鵜呑みにはせず、参考程度に考えて頂けたら嬉しいです。


写真も奥深いですし、僕も全然分からない事だらけですが、とりあえずこれだけは必要だろうという要素が3つあります。


壱、ISO感度

弐、絞り値

参、シャッタースピード


バレーを撮るならこの3つは絶対に意識しなければならないと思います。


まずはISO感度です。イソ感度と読むらしいです。
この数字が高いほど明るい写真になり、シャッタースピードもあがり、手ぶれの危険性が減ります。
がしかし、高いほど画質が悪くなっていきます。上手く行かないものです。

体育館は屋外に比べるとかなり暗く、被写体も早いというカメラにとってはとても難しい相手。
このISO感度はなるべく高い方が有利なのです。
自分が許せる画質の範囲で、ISOを高く設定しましょう。

ISO感度を高くした時の画質はカメラによって大きく異なります。
早い話、高いカメラならISO高くても画質はいいけど、
安いデジカメでISOあげたらざらざらな写真になるよってことです。

最近は一眼でないデジカメもISO6400とか設定できるみたいですが、6400で撮った写真が自分的に画質悪すぎで使い物にならなければあまり意味ないですよね。
そういうわけで、まずはカメラのISO感度の画質を考えるのが重要と言えます。

ちなみに大体の目安ですが、僕が昔使っていたデジタルカメラはISO800を常用してました。
今使っている一眼レフのEOS50Dでは1600を常用してます。
場合によっては2000,2500まで全然いけます。値段の差ということでしょうねぇ。
ちなみに青天の屋外で撮る場合はほとんどのカメラでISO100とかでも明るく撮れます。
いかに体育館が難しいことか分かって頂けると思います。


次に絞り値。
F2.8のようにFと数字で表されます。
この数字が低いほど、明るい写真になり、シャッタースピードもあがり、手ぶれの危険性が減ります。
さらに、低いほど被写体の背後のボケが大きくなります。
そういうわけでバレー撮影に関しては、この絞り値(F値ともいいます)は低い方がいいのです。
この数字を最小に設定することを「開放」といい、逆に高く設定することを「絞る」といいます。

絞り値はカメラによって決まるのではなく、レンズによって決まります。
やっかいなのはほとんどのレンズはズームをするとF値が勝手にあがってしまうということなのです。
デジカメはほぼ全部そうだと言ってもいいと思います。
ズームしなければF2.8で設定できても、最大までズームした場合はF4.4とかになってしまうと思います。
これはもう仕方ありません。デジタルカメラだとレンズはついていて取り換えができませんよね?
そこがやはり決定的に不利なのです。
一眼レフですと、レンズが選べます。
18-270mm F/3.5-6.3
このように表記してある場合、上記のように270mmまでズームするとF6.3まであがるよ、というレンズです。
でもこれだと遠い場所にいる選手を写したいバレーには完全に不向きですので、
EF70-200mm F2.8とか
EF100mm F2
のようにF値が1つしか書いてないものが良いです。
が、そういうレンズは総じて高いです。

目安ですが、バレー撮影に関してはF2.8あればかなりいい線いけます。
少なくともVリーグの会場はそこそこ明るい方なので、大体大丈夫かと。
2.8より明るいレンズの単焦点とかだともっと良いかと思います。


次はシャッタースピード。これで被写体がぶれるかぶれないか決まります。
1/2とか1/600とかなってるのが、シャッタースピードです。
1/2だと、とっても明るく撮れますが、ボタンを押してから実際シャッターがきれるまで、とっても時間がかかりバレーだとまず確実にぶれます。
1/600とかだと、選手の動きもほぼぶれずに撮れますが、かなり暗くなってしまいます。


この3つの事を考えてバランスを取りながらバレーは撮影しなくてはいけません。
これらをどう設定して写真を撮るかは第3段に書こうと思います。

バレーの写真が撮りたい!

2012.01.06 00:32|パソコン/カメラ/ブログ
こんばんは~。
ワールドカップはとっくに終わって、更新頻度もダダ落ちの中、多くの方に訪問していただき恐縮でございます。

今日はどれほど需要があるかまったくわかりませんが、
体育館でバレー選手の写真が撮りたい!という方々のために、
役に立つかどうかは微妙ですが、僕の得た知識とコツ?みたいなのを書き記そうと思います。

そしてあわよくば、いい写真が撮れたら見せて下さい(笑)


※注意
管理人は写真撮影のプロではありませんし、学校でそういう勉強をしたわけでもありません。
ネットや説明書等を読み、実際にバレーの試合を撮る中で感じたことを素人ながらに書くだけですので、
記事の内容を鵜呑みにはせず、参考程度に考えて頂けたら嬉しいです。


3つの記事に分けて書こうと思います。
以下のリンクからどうぞ。




A HAPPY NEW YEAR

2012.01.01 09:10|パソコン/カメラ/ブログ

 
新年明けましておめでとうございます!
 
昨年中は本ブログをご愛読頂きましてありがとうございました。
今年も皆様に楽しんでいただけるようなブログを心がけて、マイペースに頑張ろうと思います。
今年もよろしくお願いします。
 
2012年が皆さんにとって良い年でありますよう。

バレーボール応援ブログ!

2011.12.30 03:56|パソコン/カメラ/ブログ


ここはイケメン好きの管理人が撮った男子バレーの写真が載ってたり試合の感想を述べてたりするブログです。
よかったら見て行って下さい♪初めての方は初めての方へを一読くださいますようお願い申し上げます。

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

01 ≪│2017/03│≫ 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。