スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二弾・バレーに向いたボディとレンズを考える

2012.01.06 01:38|パソコン/カメラ/ブログ

第2段です。

第1段の知識を踏まえて、どんなカメラやレンズがバレーに向いてるか考えたいと思います。
今回はデジカメのことは置いておいて、デジタル一眼のことについてです。

※注意
管理人は写真撮影のプロではありませんし、学校でそういう勉強をしたわけでもありません。
ネットや説明書等を読み、実際にバレーの試合を撮る中で感じたことを素人ながらに書くだけですので、
記事の内容を鵜呑みにはせず、参考程度に考えて頂けたら嬉しいです。


まずはメーカーを考えなければいけませんが、僕的にはほぼ二択だと思います。
そう、キャノンかニコンです。

一眼レフの一番の魅力はやっぱりレンズを変えられるということで、
そのレンズの選択肢が断トツで広いこの2つのメーカーが強いと思います。
純正だけでなく、シグマやタムロン等もこの2社用のレンズを出しますし、
既にレンズを持ってるとかでないなら、この2社が無難だと思います。

どっちにするかですが、それはもう好みとしか言いようがない…。
僕個人の印象で言えば、キャノンはこう素人でも入りやすい感じで、
ニコンはちょっと玄人向けというか、ちょっとアーティスティックなイメージなんですよね。
あとはキャノンは岡田将生くんが可愛くて、ニコンはキムタクがちょっとイラっとくるということですかね。
えぇ、ものすごく私感が混じってますが。

僕はキャノンです。使って2年目ですが、今のところ不満もないです。

そういうわけで、今回はキャノンの機種について考えてみようと思います。


キャノンの今の一眼レフは大体こんな感じ。すべてボディ(カメラ本体)のみの価格で、
1月5日時点での価格コムさんの値段を参考にしてます。

初級者向け
Kiss X4 \43,000-
Kiss X5 \48,000-

中級者向け
EOS 50D (管理人使用・生産終了)
EOS 60D \67,000- (50Dの後継機)
EOS 7D \95,000-

上級者向け
EOS 5D MarkⅡ 15万以上
EOS 1D 系 いいやつは50万とか


最近の機種は初級者向けのKissでも高感度の画質は結構良いみたいですね~。
Kiss X5は今年出たばかりですし、7Dと劇的に画質が違うということはないのかも。

上級者向けの5Dあたりからはフルサイズ機といって、画質がツーランクぐらいアップします。
ISO6400でもへっちゃらなのではないでしょうか。
がしかしですよ、お値段がね、ちょっとね。
しかも7Dまでの機種はAPS-Cサイズといって、焦点距離が約1.5になるんです。
ですからフルサイズを買うとなると、もっと焦点距離の長い望遠レンズが必要になり、
それはそれはもうお金がたくさん必要になりますので、
バレー撮るならハイアマチュア向けの7Dくらいまでが現実的なのではないかと思ってます。
ニコンの場合も同様にAPS-Cサイズがいいかと思います。
もちろん、将来的にフルサイズを考えてる方はそれこそレンズの焦点距離が変わり、買い換える必要もでてきそうなので、
最初から頑張ってフルサイズを買ったほうが効率よいかと思います。
僕は将来的にもフルサイズに移行する気は毛頭ないのでいいのですが。

はい、これで候補が4つに絞れましたね。
X4と7Dでは倍も差がありますね…。

7Dもすげー買いどきだとは思うんですよ。発売当初は17万しましたから、約半値です。
連射も早いし、APS-Cの中ではハイスペックです。
だけどいかんせん古い。
2009年発売ですからね~。もうすぐ新型が出るという噂もあるにはあるし。
高感度撮影に関しても、あまり評判もよろしくはありません。画素が多すぎるって意見が多いようですね。
その点、X5は今年出たばかりとあって、高感度撮影の評判も上々。
一眼にしてはかなり軽い方なので、比較的持ち出しやすいというのも魅力だと思います。
記録媒体もSDカードなので比較的安価。
連射に関してだけいえばやはりバレー撮影に関しては物足りないかもしれない。
だけど早い連写が必要な時ってサーブやスパイクのときぐらいですし、妥協できる範囲だと個人的には思います。

60Dを買うくらいならもう7Dにしなされ、と思います。(ほんっとに個人的意見です)
そういうわけで僕がおすすめする機種はKiss X5ではないかと思ってます!

2~3年使って、慣れた頃には7Dや60Dの後継機が発売されて、少し安くもなってるでしょうし、
うん、入門ならKiss X5がおすすめです!!

いや、もちろん買うなら自分で触って、もっと調べてくださいね(笑)


さぁ、次はレンズだ。
これがまたね、困ったもんなんですよ。種類も多いし、高いんですよ。

まずは焦点距離のお話から。
僕が持ってるレンズはCanon EF70-200mm F2.8 L USMですが、これに不満を感じることはほぼありません。
前述の通りAPS-Cですから実質300mmまで写せるということもあり、ほぼ足ります。
東京体育館や有明の遠い席だとちょっと足りないかな、とも思いますが、
120-300mmとかだとまたお値段が跳ね上がりますので(苦笑)
値段やレンズの重さ、使用頻度から考えてもAPS-C機を使うなら200mmまででだいたい大丈夫だと思います。

レンズには大きく分けて単焦点とズームレンズがあります。
僕は単焦点を持ってないのでなんとも言いがたいですが、やはりデジカメからランクアップするにあたっては
ズームができないというのには違和感を感じてしまう人が多いと思います。
バレー会場においても、客席によって、選手の位置によって撮りたい距離が変わりますから、
やはりズームレンズが無難なのかなと思います。
ただ、単焦点は写りがズームレンズよりいいと言われますし、F2.8より明るいレンズが存在するのも確か。
CANON EF135mm F2L USMでバレーを撮られてる方を知ってるのですが、それはそれは綺麗な写真でしたね~。
常に135mmだと短いかもしれませんが、Canon EF70-200mm F2.8 L USMと併用すればいい感じになると思ってます。
そういうわけで僕が次に狙ってるレンズはCANON EF135mm F2L USMです。(なんだその情報w)
ちなみにCANON EF135mm F2L USMはズームレンズに比べるとちっさいのでそこも魅力の一つですね。


さて、それではズームレンズの候補を幾つか書きだしてみましょう。


1.キャノン:EF70-200mm F2.8L USM \120,000-
2.キャノン:EF70-200mm F2.8L IS USM (生産終了・多分中古で\12,000くらい?)
3.キャノン:EF70-200mm F2.8L IS II USM ¥200,000-
4.シグマ:APO 70-200mm F2.8 II EX DG MACRO HSM (キャノン用) \80,000-
5.シグマ:APO 70-200mm F2.8 EX DG OS HSM(キャノン用)\105,000-

2,3,5,は手ぶれ補正付きです。
でもバレー撮影で手ブレ補正はいらないと思います。
三脚が必要!とおっしゃる方もいますが、少なくとも僕は一脚も三脚も使用したことはありませんので、
使わなくても僕ぐらいの写真は撮れます。きちんとした姿勢で撮ればそんなに手ぶれしないと思いますよ。
カメラが大きいのでホールド感もばっちりですし。
そういうわけで2,3,5は候補から除外しちゃいます。
いや、理想を言えば3番が買えれば一番ですよ?評判も最高ですし。
だたお金の兼ね合いもあるので、ここは1番か4番をおすすめしたいと思います。

純正か否か。
どーなんでしょうね、比べればもちろん純正のほうが画質はいいでしょうけど。
ちなみに僕はEF70-200mm F2.8L USMを中古で10万を切って購入しました。
中古ですからモノにもよりますが、僕は今のレンズで全く問題なく使用出来てます。

ただ、もし売るときは純正のほうがかなーり有利です。
そして僕はもう慣れてしまいましたが、純正の白レンズは大きいですし、かなり目立ちます。
あっ、そうそう、大きいんですよ、レンズ。
僕は腕の力がある方なのでそんなに疲れもしませんが、女性のかたとかは一脚あったほうがいいのかもなぁ。
よくわかんないや←投げやりかw

シグマさんのレンズは黒でかっこいいですし、ボディにも合いますよ。
がしかし、純正より重いけど(笑)

ズームレンズが高い!という方は
CANON EF135mm F2.8 \36,000-
とかでも撮れると思いますが、このレンズの場合後々EF70-200mm F2.8L USMを買ったりしたら、
撮影可能範囲がだだ被りになってしまいますので、計画的に購入したほうが良いでしょう。

繋ぎ的に購入するよりも、本体とレンズが一緒になってるWズームレンズキットなどは安いですし、
それについてるEF-S55-250mm F4-5.6 ISのレンズでもISOを高くするとうの工夫によっては、
全然撮れないなんてことはない…と…思う…のですが。
F5.6…やっぱ無理かな?(笑)


ここから更に必要に応じて記録メディアやカメラバック、レンズを保管する防湿庫などを買わなければなりません。
僕は防湿庫は持ってませんが…。
とりあえず、記録メディアはとにかく大きい容量のものをおすすめします。
理由は第3弾で詳しく述べますが、RAWというので撮影すると容量を激しく消費するためです。
でもRAWで撮ったほうがいいから、メディアはなるべく大容量のものを!

あ、ちなみに最近のカメラは画素数がやたら多く、更にRAWで撮影したりしちゃったら、
そりゃあファイルサイズが大きくなります。
パソコンのスペックによっては、現像(パソコンでの処理)のとき、困ります。
現像できないとはいいませんが、非常にストレスがたまりますので、パソコンの処理性能も高いほうが望ましいです。
はぁ、バレー撮るのってお金かかりますねぇ。

ぶっちゃけていうと、これらの機材、写真が好きでなければあまり使いません。
50D,60D,7Dまでくるとね、重いんですよ。
友達と旅行にいくときやら、気合の入ったお出かけ時には持って行きますが、
ちょっと遊びに♪というときには持って行きづらい。
ボディもそうだし、普段撮りのレンズをつけてても荷物になるんですよ、個人的にはですけど。

ましてや70-200mmの望遠レンズともなれば、本当にイベント時にしか使わないのでは?
いや、散歩がてら桜を撮りに行くぜ!とかいう人はもちろん活用できますが、
そうじゃない人はバレーの試合とか誰かの運動会とか、パレードとか祭りとかにしか使用機会がないと思うので、
使用頻度に見合う買い物かどうか見極めが必要だと思いますね…。

それでは最終、第三弾・会場にてどう撮るか編です。

Comment

非公開コメント

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。