スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WGP2010「日本vsイタリア」

2010.08.07 11:52|バレー試合予想/感想

ついに始まりました、ワールドグランプリ。
久々のアウェーでの開催で、大丈夫かな、と不安視していましたがそんな心配を吹き飛ばす勝利でした。

イタリーはセッターが189センチのロンドンでしたが、このセッターがまた下手くそで、
コンビがあってないことで負のスパイラルに陥ったのか、スパイクミス連発、タッチネット連発、
ドリブルもちらほらという、近年まれにみる残念なイタリアでした。
ここにロビアンコ、ジョーリがいたら大分違うんでしょうが。

日本はまずいミスや展開がありつつも、ミスだらけのイタリアに対して優位に試合を運び続け、
気持ちの上でも内容でも相手を圧倒していました。素晴らしいですね。

まずはよかった点をあげていきたいと思います。
木村沙織が素晴らしいですねぇ~。
Vプレミア、日韓、黒鷲、先日のトリノ、そしてこのWGP。
全ての大会でエースという活躍を見せる木村はすごいとしか言いようがありません。
レセプションはまだ若干乱れがちですし、佐野ちゃんのボールをとりに行ったりもありますが、
とにかくアタックの成長が著しく、パワーもスピードも上手さも別格。
木村がこのパフォーマンスを維持できれば、強豪にも勝てる可能性が高くなります。

江畑選手。
まともにプレーを見たのは初めてなのですが、本当にチャレンジの選手!?というほどの上手さ。
中田さんも言ってましたが、状況判断が素晴らしく、無理な状況でミスをしないのがいいですね。
高いブロックからの逃げ方もすごく上手で、レフトエースとしての攻撃力は申し分なさそうです。

井上・山口選手がクイックを絡めたコンビに入るのは効きますね。
特にダブルクイックはすでに実践レベルでしたし、山口が早いA、Bクイックでターン打ちまで
出来てしまうんだから、すごいと言うしかありません。
その山口は信じられないような早さの2段トスも打っていて、昨年よりかなりのレベルアップ。
ミスの少なさもいい感じです。

今回は竹下のトスワークもよかったと思います。
山本の打数が少なかったですが、それでも囮で相手をひきつける存在感は流石ですね。

ジャンプフローターへの切り替えは、なかなかいい感じだと思います。
サーブミスも多いですが、得られるものも多いかと。
山本サーブで連続ポイントなんて、今まで見られなかったですし(笑)


反対にこれはまずいな、と思った点がちらほら。
まずは軟打への対応ができていないこと。
今までは竹下・佐野がバンバン拾っていたのでよかったのですが、2人とも足が動いてなかったような。
竹下はまだいいとして、佐野にはもっとあげるべきボールがあったと思います。
ブロックが完成していて、スパイクコースに入っているのにも関わらず、盛大にはじく場面も。
そして2段トスをあげようとして、木村から押しのけらる始末・・・。
うーん、うーん。
なんだかリベロとしてチームからの信頼感があまりないように感じたのです。
気のせいだといいんですけどね。
サーブレシーブの安定感は抜群だったので、その点を重視するならいいですが、やっぱラリー中は
濱口選手のほうがいいなぁと思いました。

で、竹下選手はトスワークはよかったんですが、トスがやたらとぶれてませんでした?
コンビがあってないというより、やっぱトスが・・・という印象。
ここは修正していかないと、ブラジルには勝てなさそうです。

あ、ちなみにこの二人、どちらも取れるボールを竹下選手が最初に触って、
で、佐野が危なっかしい2段トスという場面がありましたね。
ベテランなんだから、もうちょっとしっかりして欲しいです。

今日の深夜はブラジルです。
ほぼベストメンバーのブラジルに勝つには、ミスなく攻めること!
木村沙織を中心に、頑張れ!

Comment

非公開コメント

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。