スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全日本女子、リオに向けての新展望

2012.08.20 02:02|バレー試合予想/感想

ロンドン五輪が終わりました。

オリンピック後というのはどの国のどのチームも一区切り。
代表を引退してしまう選手もいて、世代交代が求められます。

近年の女子バレーは世代交代に失敗している国が多いです。

女王ブラジルもフォフォン後のセッター育成に苦しみ、
北京後に正セッターを務めていたファビオラがロンドン直前に外されるという迷走。
予選4位の大きな要因となりました。
ただ、パウラ、サッサは4年後は無理でしょうが、他には4年後も行けそうな選手も多く、
セッターさえなんとかなれば4年後も強豪国として君臨しそうです。

アメリカは良い感じに若手も多いので大丈夫でしょうが、
ロシア、イタリアはベテランばかりですし、中国も若手はいるものの低迷。
並み居る強豪国もリオまで苦しむのではないかと思います。


さて、日本はというとなかなかどうして、良い感じに世代交代できるんじゃないかと僕は思ってます。
2000年から途中ちょっと抜けたりもしましたが、12年も代表セッターを務めた竹下選手が代表から去るのは大きなポイントになるのは間違い無いです。

竹下選手の安定した早いトス回しと、類まれなるディグ能力はロンドンまでの全日本の強みに間違いありませんが、
やはりブロック面では大きな負担となってもいました。

ここが大きなブロックの穴にならないセッターになることで、また一味違ったチームになると思います。


日本のVリーグには、身長170センチを越える、世界的にみて”中型セッター”が結構います。

やはり大本命はシーガルズでプレーする宮下遥選手でしょう。
177センチという日本のセッターとしてはかなりの大型。
しかも途中転向組ではなく、生粋のセッター。
ハンドリングも柔らかく、かなりトリッキーな読みづらいトスワークをします。
助っ人外国人なしのシーガルズを4強入りさせる実力も既に持っています。
セッターに必要な気の強さも持ち合わせているようですし、
まさかの身長がまだ伸びてる説もあります。
それでいて1994年生まれということはまだ17、8歳?
リオも次の五輪もその次の五輪も行けるじゃん!!!
まさにうってつけの人材。
すでにVリーグで2?3?シーズンプレーしてるのも大きく、今後4年間国際大会に出場し続ければ
十分間に合うのではないかと思ってます。

他には東レの田代選手、久光の南選手も170センチを越えるセッターですね。
田代選手は東レでプレーしてるというのは大きいかも。
でも僕個人的にはそこまで推しではないかな~^^
個人的には南選手に頑張ってほしいです!鹿児島出身というのもあるし!
クイックを使うのも上手いし!


WSはさおりんが今ほどガツンガツン打つスタイルは無理だろうなー年齢的に。
今のアメリカ、トムローガン的役割の選手にしたいですね。守備の要。打数は控えめ大事なところは決めてくれるよ、的な。

エバ、リオはサーブレシーブの習得を目指すべきでしょうね。
彼女らがレセプションに参加できるとなるとかなり選手起用の幅が広がります。
ちょっと難しそうなら、オポジットとして1,2シーズンやってみるのも面白そう。
まっ、迫田は既にライト打ちは得意そうだけどね。

新鍋ちゃんはレフトからにせよライトからにせよ、もうちょっと二段トスを捌けるようにならないと。
そこが成長すればなんだかんだ外せない選手になりそうです。

狩野選手は若いけど…うーん。

ぐっさんもどーかなー。
正セッターが宮下選手になるならワンチャンあるかもですが、うーん、まぁ微妙なラインで、
いるとしても世界選手権までという感じでしょうか。
いたら面白い選手ですし、もうちょっとレセプションが上手ければなー。


ここから加入しそうな若手WSは鍋谷選手、石井選手あたりがサーブレシーブ他、全てのプレーができそうなので候補に名を連ねるでしょうね。
石井選手のプレーはあまり見たことがないので割愛しますが、鍋谷選手はすごいですよね。
春高は3連覇してるんだよね、確か。
とにかくバレーセンスに満ち溢れているので、期待が持てますが、フィジカルの部分がちょっと弱すぎなのが気になります。
とにかく全体的に線が細すぎる…。
けど、まぁデンソーはなんかそこは結構きちんと鍛えてくれるんじゃないかなーなんて思ってますけど。

オポジットは出てくるとしたら堀川選手くらいかなー。
サウスポーで攻撃力もあるし、セッターもできるので日本のようなチームに馴染みそうな感じはあります。
ただそうなると、益々レフトのレセプション参加が求められますね。頑張れ迫田!

WSはそんなこんなで、今回の主力がそのままリオも出れそうですし、そんなに苦しむこともなさそうです。


問題はミドルだよ!

多分、今大会のベスト8では最弱だろうようちのミドルは。
今大会はWSの奮闘でなんとかなったけど、なんとか強化しないといけないよ。
キングは確定でしょう。人材不足ですし。
イタリアから帰ってきてずーっと微妙な出来ですが、
なんとか北京五輪のころのパフォーマンスに戻してくれれば…!
セッターが大きくなれば、クイックも使いやすくなるし、キングは活きるかもね。
他は………泣けてくるわ。
大友、井上選手は年齢的に厳しい、ですよね…。
大友選手はブロックやサーブで課題はあるものの、あのレベルのブロードを打てる選手は滅多にいないので、
ジョーリ様なみにしぶとく頑張ってほしいのですが…。

若手は…185を超えてるのは岩坂選手くらい。
その岩坂選手はクイックは軽いし、ブロードは打てないし…。
ただ、大竹選手や二見選手はパワフルに加えて機敏に動ける系ミドルなので、そこそこ通用するとは思います。
身長がねぇ…もうちょっとほしいんだけどねぇ、ミドルは。
この若手3人だったら大竹選手推しかな。

でもこのメンツ…誰が表するよ?(笑)


リベロは座安ちゃんでおっけー!
美ら海からの守護神!


さて、それじゃ幾つかローテ書いてみますか。


スタンダード型。
堀川 大竹 木村
石井 荒木 宮下 座安

オポジットにサウスポー、両レフトレセプションという極めて世界標準な型。
迫田がレセプションできるようになってればレフトでもオポの控えにもなるね!
このチームはトスアップ能力が高いのも特徴かも。


ロンドン型。
新鍋 二見 木村
迫田 荒木 宮下 座安

あれっ、今と変わった?という型。
でもこれでも弱くなさそうに思える不思議。
こうなってくると新鍋ちゃんにはバックアタックも習得してほしいなぁ。


ロンドン変則型。
木村 二見 江畑
迫田 荒木 宮下 座安

これもありっちゃあありだけど、木村のレフト打ち勿体ないかな。
でもこれだとS1連続失点で困ることはないだろうなぁ~。


ドリーム攻撃型。
迫田 二見 木村
江畑 荒木 宮下 座安

レセプションの中心は木村、座安。迫田も参加。
どっからでも誰でも打ってくるぜ!!


うーん、一言だけ言うとしたら…
迫田レセプション頑張れ!!(笑)

Comment

非公開コメント

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。