スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判問題について少しだけ言いたい件

2015.01.13 22:46|バレー雑記
本日、越川優選手が興味深い記事をあげていました。

『1/11(日)のゲームについて』越川優オフィシャルブログ

主に書かれていることは、
・サーブを打つ前にボールを持っていないのに笛を吹かれた
・当然吹き直すだろうと思ったがこちらを見もしていないので故意だ
・一部審判はレベルも低いし、試合後の反省会も不十分だ、しっかりしろ
ということだったと思います。

確かに、Vリーグを観戦していて審判のレベルが低いなぁと思うことは多々あります。
プレミアリーグの審判をできる人数はそこまで多くないらしく、結構な頻度で見たことのある審判です。
おそらく、リーグの観戦頻度が高い方だと審判紹介がある前に名前と出身県を言えちゃう人もいるのではないでしょうか。僕も少しは言えます(笑)
その中には「ちょっと誤審(疑惑)のバタバタが多い審判」という認識の審判もいますし、
越川選手が記事であげられている「誤審を認めない審判」というのも存在します。
この誤審が多い上に間違いを認めない審判というのが非常にやっかいで、見ている観客としても
「この審判にはあんまり捌いてほしくないな」というのがあります。

僕の中で「棚上げイエロー」という言葉があります。
疑惑の判定があったとき、選手から怒涛の抗議が入ると自らのミスを棚上げしたあげくにイエロー、というより正確にはイエローの1つ前の警告なのですが、これを出す審判ですね。
「で、出たっ。棚上げイエローだ!!」という風に使います(笑)
これ、誤審を認めてノーカウントにした時も警告出したりしますからね。
規定上、審判に抗議できるのはコートキャプテンのみとなっているそうです。
でも誤審があったら声を出して不満を表すのは当然の行為だと思うし、正式に抗議に行っているのはコートキャプテンだけなのに、それでも出したりします。
なんて傲慢なんだ、といつも思います。
このあてつけのように棚上げイエローをする審判は僕の中では要注意人物リストに入ってます。
まあ、入ったところで本当にどうすることもできない問題なんですけどね(笑)

誤審といえばもう5年も前になります、覚えてる方もいらっしゃるかもしれません。
ボランティアですから、問題。
女子の岡山シーガルズの選手が、疑惑の判定について試合後抗議に行ったところ、審判に言われた言葉が
『ボランティアですから』だったそうです。
もちろんそれまでのやりとりをすべて聞いていたわけではありませんから勘違いがあるかもしれませんが、
ですがこの言葉。”ボランティアだから多少の誤審は仕方ない。我慢して”としか受け取れないのですが…。
選手もプロ意識を持ってやってる。観客もお金を払って試合を見に来ている。それなのに審判がこの意識で、
試合をぶち壊しにしたんじゃたまったもんじゃありませんよね。

僕はバレーボールの関係者でもその端くれでも経験者でもなんでもないので、仕組みはこれっぽっちも分かってないのですが、だったら多少でもリーグが報酬払えばいいのに、とは思います。
Vリーグ機構が公表している収益表では黒字のようですし、捻出できないことはないのでは、と人事ながら感じます。
こうも毎年毎年、審判への問題が噴出しているわけですから、対策が講習会ではちょっと物足りないですよね。

もう1つ、結構大事なポイントだと思っているのが、そもそも越川選手、審判団によく思われていないんじゃないの?という疑問です(直球)
抗議の多さ、時間の長さ、また、放送に入った言葉を聞くところ、熱くなり言葉遣いが荒れることもあるようです。
もちろん、高いプロ意識からくるものですし、キャプテンですから抗議する権利も当然あるのですが、
審判も人間ですから、「またか、やりづらいな」と思っていたとしても特段おかしくはないと思われます。
もちろん、審判の好き嫌いで判定が代わったり嫌がらせを受けたりするのは言語道断ではありますが、
この世にはいろんな理不尽なことやリスクに溢れていて、そういった不安要素を自ら1つずつ潰しておくことも大事なことかなと思うんです。
つまり何が言いたいかというと、越川選手はもうちっと丸くなった方がいいのではないでしょうか。
チームメートに抑えられるまで熱く抗議していてはちょっと心象がよくないので。


審判も人間なのでミスはありますし、誤審をゼロにしろとは誰もいいません。
ただ、審判は絶対だ、を履き違えてる審判が多いと思うんですよね。
審判の最終的な判定は絶対ですけど、人間の目は絶対じゃない。
ラインズマンが2人も違うと言って、あまつさえ会場の画面に誤審が映しだされているのに訂正しない…
なんて融通のきかないというか、頑固な人たちだろうと思います。

疑惑の判定の時は副審ラインズマンを呼んできちんと確認する。
審判団で意見が割れる、確証が持てない時はノーカウントにする。
選手にきちんと説明する。
こういった当たり前のことができる審判であってほしいなと、いちファンとしては切に願わずはいられません。

Comment

少しだけ…

お久しぶりです!

コッシーは日本でバレー選手をやるには、かなり『面倒なやつ』扱いされるんでしょうね。
でも、技術、経験、意識もプロだから、他の選手と違っていいし、そんな選手がガンガン意見を出すべきだ思います。
ただ、もう少し要領よくというか、自分やチームが損に見えないようにはしたほうがいいかと。
抗議しない、じゃなくて、抗議の仕方や引き際とか。

あと、ブログでも問題提起してくれるけど、自分の意見ながらも、もう少し客観的な視点で表現できると損しないかなあと思います。

プロを捌くにはプロ意識を持つ審判が必要だと思います。
やはり待遇面からの改革も必要でしょう。

長くなりました。
ではでは北九州にて、空間を共有しましょう!

Re: アイスさん

お久しぶりですー。


そうそう、全文同意でございます。
コッシーの抗議はちょっとねちっこいですよね(笑)
見てる側からしても「またかよ」と思ってしまうのも確かですし、もう少しスマートにやってほしいですよね。

北九州、今ちょっといくの面倒だなとか思い始めてますけど、多分いくとは思いますので、楽しみですね!
非公開コメント

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。