スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偉大なミドルブロッカー、引退。

2013.05.12 22:12|バレー雑記
先日の黒鷲旗をもって日本を代表するミドルブロッカーが2人引退されました。

大友愛選手と、杉山祥子選手です。


私はバレーボールは全日本女子のテレビ観戦から入り、今日に至るまで全日本に限っては男子よりも女子に力を注いで見てきたので、このお二人の引退は、まさに時代の移り変わりを感じざるを得ません。

大友愛選手。
いわずとしれたブロードマスター。
一度は引退されたものの、復帰後も類稀な能力で世界バレー、ロンドン五輪でのメダル獲得に大きく貢献しました。

眞鍋監督に世界一早いと言わしめた竹下選手とのコンビ。
打ち出しの早さだけでなく、やはり移動の早さが天下一品でした。
相手ブロッカーが真ん中から大友選手について行くのが不可能なほどのコートレフト側からのライトアンテナまでの移動の早さ。
アンテナいっぱいの早いトスにも悠々追いつき、流れるようなフォームから、クロスに、ストレートに、高い打点から強力に。
これができる選手は大友選手ならではでした。
色々ありましたが、とにかく戻ってきてくれて、日本のために戦ってくれてありがとうございましたと言いたいです。


杉山祥子選手。
やはりブロードが代名詞。
高く、早く、美しい。
観客の心を鷲掴みにするプレーでした。
杉山選手はブロードだけでなく、それこそ技のデパートであることも有名でした。
早くて高いAクイック。相手がなんとかしようとコミットしてきたところでの鮮やかな一人時間差。その場飛びでの一人時間差だったり、A→Bだったり。
ブロードにしても独特の助走をする‘杉山スペシャル’を始め、
一度Cに入るモーションを入れてからアンテナまで走る、ブロードでの一人時間差を見たのも杉山選手が最初でした。(というか発明者はもしかして杉山選手?)
2007年、08年はこの時間差ブロードが効果的で、ワールドグランプリでのイタリア戦、北京五輪でのポーランド戦で炸裂しました。
TBSの新タアナウンサーだったでしょうか。
「移動攻撃はノーマークだぁ!」というフレーズは頭から離れません。
ブロックに関しても長い腕で、読んでましたよ、という風な、スパイカーの心を折るブロック。
さらに第五セットでの8点目をブロックで取る率の高さなど、思い出を書き出していては止めどがありません。
北京五輪後は全日本から身を引かれ残念ではありましたが、
NECでいつまでも衰えることなくチームを支えるその姿は感服しきっきりでした。
長い現役生活、お疲れ様でした。
ミドルブロッカーの素晴らしさを教えていただき、ありがとうございました!

Comment

非公開コメント

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。