スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/13Vプレミア男子総括

2013.05.11 06:53|バレー試合予想/感想
黒鷲も終わったのでリーグの総括というより、感想を思うままに記そうと思います。
長いです。

★堺ブレイザーズ★
リーグと日韓トップマッチの二冠。
今シーズンはレフトに全日本の石島選手と対角に新人の千々木選手をスタメン起用する場面が多かった。
千々木選手はレセプションの成功率こそ低いものの、スパイクに関してはシーズンを通してよくなっていく印象を受けた。来シーズンも伊藤選手と切磋琢磨しながらのさらなる飛躍に期待がかかる。
 
石島選手もレギュラーシーズンは奮わなかったものの、セミファイナルからはフル回転で勝利に貢献。
新人の千々木選手と、怪我の影響で石島選手の調子があがらなかったので他チームと比べるとレフトが若干不安が残る中で、セッターの今村選手がうまく切り盛りしたなという印象。
特にミドルブロッカーへの配給本数が多く、相手ブロッカーに的を絞らせなかった。これが素晴らしかった。
(※レギュラーシーズンリーグNo.1。
参考:http://d.hatena.ne.jp/demmonmaster0829/20130327/1364338325/理想論の背景はモノクローム様)
その打数増加の期待に応えた、横田選手の成長も素晴らしかったと思う。松本選手もベテランとして素晴らしい活躍だった。
 
新加入のペピチ選手も1シーズン目とは思えないほどチームに馴染んでおり、まさにMVP級の活躍であった。
また、人数は少ないものの控えの選手の活躍も目立った。セット終盤にワンポイントサーバーとして投入される機会の多い内藤選手は非常に高いサーブ効果率を誇っており、そのサーブで後半に突き放しに入るパターンは非常に強力で多くのセットをモノにした。
主に今村選手が不調の際に投入される木場田選手も控えセッターとは思えないほどチームメイトと息があっているように感じた。
 
チームはかなり順調に世代交代がうまく行っているように見えるので、来シーズンはミドルブロッカーの内藤選手のあたりのスタメン起用が増えるのではないかと見ている。
いずれにせよ今年よりチーム力が下がる要素があまりなく、来シーズンも連覇を狙えるチームだと感じる。
あくまでペピチが残るとするならば、だが。
チーム全体の士気が下がると全員がミスを出し始める点、そして未だに東レアローズへの苦手意識が見受けられる点が課題。


★パナソニックパンサーズ★
前回リーグと天皇杯の覇者。数多くの全日本選手を要し、東レに対しては絶大な力を発揮するが、今シーズンはどこか脆さがでていた印象。
どこかリズムに乗れなかった要因として、やはり宇佐美選手の引退があったと思う。
今までのパナソニックの強さは宇佐美選手の力によるものが大きかったと思う。
引退が決まった今シーズン、チームは脱宇佐美を掲げ、大竹選手や内定の深津(英)選手を随所で起用していた。
しかし、やはり宇佐美選手の力は偉大だったのか、それとも他に要因があるのか、宇佐美選手以外があげているときはどうにもチームが勢いがないという印象を受けた。(私が実際にその場面を見たのは少ないのだが、聞いた話だったりデータだったり)
加えて、福澤選手がなんだか覇気がないというか、燃える闘志をいつもより感じなかったり、
清水選手があんなことになったりで(清水選手に関しての詳細やコメントはここではとても…。ノーコメントで。)
らしくなかったなというのが今シーズンの印象である。
ただ、リベロの永野選手に関しては国内では別格という雰囲気さえ漂わせてきており、来シーズンに向けて、
そして世界大会に向けても楽しみな部分である。

来シーズン、宇佐美選手の抜けた穴の大きさを痛いほど痛感するであろうが、
おそらくその後釜となる深津選手もとても実力のある選手だと思うので、重圧に負けずのびのびとプレーしてほしい。
そして周りのベテランアタッカーたちがセッターを育てるという意味で、数年前の堺ブレイザーズのようなチームに一体感がでれば、また違ったチームに生まれ変わるチャンスでもあるんじゃないだろうかと思う。


★東レアローズ★
リーグ前から危惧されていた米山選手の対角問題の解決が急務だった今シーズン。
シーズン前半こそ鈴木選手がスタメン起用される試合もあったが、後半、特にセミファイナル以降はベテランの角田選手に落ち着いた。
ベテランになってからも成長する角田選手に助けられた部分は大きいが、チームの世代交代という視点では不安と不満が残る。
しかし、内定選手の星野選手が堂々たる結果を残したこと、三島大会での鈴木選手の躍動等はいい兆しだろう。
星野選手の入部によって、瀬戸口、大木、鈴木選手らと相乗効果が望めれば、来シーズンもそう悲観しなくてもいいかもしれない。

リベロに関しては田辺選手の年齢のことを考えると一刻も早く次世代リベロの育成が必要だが、一応後釜ということになっている渡辺選手はレシーバー、リベロとしての起用が随所であるも、イマイチ不安だなあというのが正直なところである。
私は大学バレーを見ていなかったので順大時代を存じ上げないのだが、そもそも渡辺選手の真髄はレセプションにも入れてアタックも上手くて、セッターもできますよ、というオールマイティさにあるのではないのか?
そうなのであれば、リベロは本職の学生を内定でとって、渡辺選手は後衛でレシーバー兼セカンドセッターとしての起用の方がまだあっているように感じる。(いっそ前衛でも打ってしまえばいい)
まあそうは言ってもリベロ転向というのはご本人やチーム関係者が深く考えて出した結論のわけだけら、一ファンとしては成長を温かく見守る他ないのだが、なんとももどかしい思いである。

セッターに関しては、管理人一押しである梅野選手が、まったくコンビがあっていなかったシーズン前半から後半には著しい成長を遂げていたことが素晴らしい。
試合での実践を積めば、控えセッターだけでなく近藤選手のスタメンを脅かす日もそう遠くはないかもしれない。
近藤選手に関しては、シーズン通して余裕がないように見受けられた。
特に大事な場面になるとデキと米山のどちらかに頼る場面が多く、ブロックを絞られることが多かったように感じる。
さらにその米山自身もレセプション時にリベロのボールも受けに行く、レシーブしたあと助走に入らない場面が増え、攻撃枚数が確保できていない問題も露呈した。
さらに富松、篠田のコンディションの問題もあるが、クイックの本数が少なかったもの問題で、ことBパス以下からのクイックは皆無だったように感じる。ここは4強入りしたチームの中でかなり劣っていたと思う。リーグ屈指のミドルブロッカー、富松・篠田両選手を来シーズンはもっとうまく活用したい。
また、サーブ時のブレイク率が高い篠田選手はなかなか外しづらいが、できれば今季女子のNECが見せたような篠田温存、若手育成のような起用が見られればと思っている。


★サントリーサンバーズ★
シーズン前に私が予想したとおり、レギュラーシーズンぶっちぎりの1位で勝ち抜けたサントリーサンバーズ。
しかし、セミファイナルでは1番の弱点がもろに露呈してしまったように思う。
単刀直入にいうと、セッターである。
阿部はいうまでもなく岡本選手も実績があり、素晴らしいセッターではあるのだが、両選手とも波が激しいという短所が見受けられ、調子が悪いと目に見えてセットが乱れることが多かった。
(武市、橋本選手に関しては私は試合でトスをあげる場面を見ていない)
たとえトスが少々悪かったり、組み立てがうまく行かなかった時でも、
実力のあるウォレス選手や越川、金子、米山達也らリーグ屈指の実力者が揃うWS陣のゴリ押しによって勝てた試合もあったように思えるが、WSの調子が上がらないときに立て直す術をあまり持っていなかった。
岡本のC、あるいはDかもしれないようなパスからの山村への縦Bの鮮やかさは目を奪われるものがあったが、
直接失点の率が高いのが難点。来シーズンはA,Bパスからの堅実な組み立てが求められるだろう。
阿部に関してはセミファイナルでの起用が非常に少なかった。実績があるのにもかかわらずあそこまで出してもらえなかったのには怪我等の理由によるものなのか、監督の信頼を勝ち取っていないからなのか定かではないが、
来シーズンに向けて、セッターがキーになることは間違いなさそうだ。

サイドに関しては前述のとおり、リーグ屈指であろう。
レセプション(スパイクサーブ、フローターサーブ共に)入ることができ、レフトからのスパイクはもちろん、
パイプも多く打つことができ、ライト打ちも苦にしないという、WSの鏡のような選手がこれだけ揃っているのは
まさに強みと言っていいだろう。越川選手以外は二段トスの決定率に課題が残るが、来シーズンもこのポジションに苦労するということはなさそうだ。
また、ウォレスが不調のときに栗山選手が活躍したのも印象的だった。
オポジットに外国人選手を起用するチームがほとんどのプレミアリーグにおいて、日本人のオポジット育成は
なかなかうまく行っていないのが現状であるが、栗山選手は求められた仕事を完璧にこなしていたように思う。
2010年以来の全日本にも登録され、これからの活躍が益々期待される。
リベロの高橋選手に関してはレシーブのうまいWSに助けられている部分が大きいと感じた。
フローターサーブで狙われることが多かったが、オフで克服できるか。

ミドルブロッカーに関しては通常運転だった。
これは監督の起用に疑問を呈したいのだが、なぜ塩田を起用しないのか甚だ疑問である。
東海大学で活躍し、ユニバーシアードにも選出されていて、実力は折り紙つきなのに、
4強入りが決まってからも一向にスタメン起用されず、ファンとしては残念でならなかった。
オポジットで柔軟な起用があったから余計に。
スタメンのミドル2人はベテランで、そろそろ若手ミドルを育てないとまずいと思うのだが、来シーズンは果たして。


★豊田合成トレフェルサ★
一言でいうとレオナルド頼みすぎる。それにつきる。
ただし、センターの近選手は非常に素晴らしかった。スパイク決定率1位でベストスパイカーを初受賞。
もともとミドルブロッカーは決定率が高くなる傾向にあるが、Vリーグの規定により出場セットにつき
3本以上の打数がないとランキングにはのらないのである。
規定を満たして、この決定率は本当に素晴らしい。
シーズン後半、微妙に打数が足りなそうなところでセッターの内山がかなり意識してあげたのが効いた。
対角の幡司選手に怪我が多かったのはチームにとってかなり痛手であったが、
代わりに入った井上選手は本職でないながらも非常によくやっていたと思う。
が、それはミドルの控え選手の不甲斐なさの裏返しでもある。
幡司さんが復帰すれば来季のスタメンは近-幡司ラインだろうが、そこに割って入るほどの成長に期待したい。

オポジットのレオは数年前のサントリーに在籍していた頃と謙遜なく、とまではいかないがよくやっていると思う。
それに比べるとレフトは少し物足りなさが残った。
管理人イチオシの高松選手であるが、まだまだ荒削りな部分が大きいと感じた。
米山達也選手をより荒々しくしたイメージである。
とにもかくにもレセプションが不安で、直接失点が多く、大連続失点につながるのは彼のレシーブに起因しているイメージ。
(シーズン序盤のスタートダッシュは高松選手爆発によるものが大きかったらしい、が見れていない)
レシーブはともかく、スパイクに関してはかなりコンスタントに点が取れるようになってきたと感じる。
対角にはレシーブのいい選手を置きたいし、出来る選手は揃っているのだが、今度はどうにもスパイクに不安が残るのである。
とくにスタメンの機会が多かった杉山選手であるが、年齢の影響からか、体力面でかなりの不安があり、セットや試合の終盤で簡単にスパイクミスを出してしまうのが通例になってしまった。
盛重選手も引退を表明し、層は薄いが、ここは白岩選手に期待したいところだ。

セッターは内山がメインであげていた。
当ブログを読んで頂いてる方ならわかって頂けると思うが、彼は非常に笑顔が素敵で雰囲気のいい選手だ。
しかしセンターへのトスが低いのが問題である。
ここは来季に修正してもらうとして、全体を通してレオに頼りすぎなのだ。
比較的バラしてるな、と思うセットでも、余裕があっても、終盤はレオなのだ。
ここがかなり辛く、レオ次第のチームになってしまっているのが問題。
シーズン後半、近さんにかなり意識してトスを多くあげていたが、あれをシーズン通してできるようであれば、
チームとしてかなりの強みになりそうなので、レセプション返球率は低いかもしれないが頑張って貰いたい。
控えで出てくる重村選手はブロックで活躍した試合が印象的だった。

リベロの古賀兄弟、今シーズンは早速併用して使われており、兄の幸一郎選手が調子が悪い時や、
黒鷲旗、天皇杯等で弟の太一郎選手も見る機会があった。
太一郎選手も実績があり素晴らしいリベロで、他チームでは十分スタメンを張るだけの力はあると思うが、
現時点ではやはりまだ幸一郎選手のほうが一枚上手だな、というのが私の見解である。
兄を越えるのが目標とインタビューで話していたので、兄との競争を外野から楽しみたい。

チームとして、若手が多く和気藹々とバレーをしてる様が観客の心をつかむな、というバレーをする。
レギュラーラウンド序盤の連勝や最終戦で4強に残った東レアローズに快勝するなど、力は確実につけてきている。
来シーズンはパナ・サント・堺・東レのいわゆる4強常連を脅かす存在として期待したい。


★JTサンダーズ★
1レグ全敗という不名誉な記録を作ってしまったJT。
中盤から徐々に持ち直し、6位フィニッシュ。
やはりきっかけとしては久保監督が休養されたあたりからセッター深津の選択肢が増えたことが大きいと感じた。
北九州大会で堺、熊本大会でサントリーに勝利したのも深津選手がスタメンセッターだった。
来シーズンも菅選手とのうまい併用ができれば。

WSに関しては八子が攻撃面で主力として機能した試合は試合になっていた。
というのも八子選手の守備がイマイチ成長が見られなく、かなり不安なため、
対角には守備力重視で國近選手がメインで起用されたのだが、國近選手は守備力は申し分ないものの、
得点力という視点からいくとリーグのスタメンWSの中ではかなり厳しい。パイプもほぼ打たない。
そうなると八子選手がスパイクで目立たなければ、イゴールにトスが集まってしまい、厳しい展開になる。
シーズン途中からはここに小澤選手の選択肢が広がることで、厚みがましたと思う。
小澤選手はレセプションの練習を始めたばかりだが、なんとかこなせているし、
サーブ力、スパイク力はあるので、これからレセプションがさらに上達すればかなりの戦力アップだろう。
出番の少なかった安井、塚崎選手の起用等でまだ迷いが見受けられるJT,来季の起用に注目だ。

ミドルは他チームに比べると弱い。もう少し新人の安永、ベゼラ選手を起用してもいいのではないかと感じた。
リベロに関しては後半、大上選手が起用されるようになってきており、大上選手もその起用に応える活躍をしているので、来シーズンも酒井選手との併用で問題無さそうだ。

イゴール選手は打数が多く得点源として頑張っていたと思うが、4強チームの助っ人外国人と比較すると
スパイクは少し落ちる印象。
さらに気分のムラが激しく、あからさまにやる気が無くなることに関しては苦言を呈したいと思った。
サーブは素晴らしく、チームの窮地を幾度と無く救った。

来シーズンは監督も変わり、また新しいチームになるだろう。
小澤選手や塚崎選手の守備力があがり、國近選手に変わって起用できるようになればサーブ力があがって、
リーグでもトップクラスのサーブ力になりそうなので、そこを強みにしたらいいのではないかと感じる。


★FC東京★
今シーズンもっとも試合を見ていないうえ、元々そんなに詳しくないので割愛する…
といったら怒られそうなので書こうと思う(笑)
ポジションがめまぐるしくかわり、難しいというのが正直な感想。
あれっ、今どのローテでどの選手がレセプションだ?とわからなくなることが多々。
もっとも、監督が目指すバレーがまさにそういうもので、ポジションにとらわれない攻撃的なバレー、らしい。
クイックやバックライトを自由にうちこなせる前田選手や西尾選手あっての戦術かなと思う。
その前田選手はチーム事情からMBを務め上げ、途中まではアタック決定率も1位であった。
ポテンシャルの高い選手だなと改めて脱帽する。
個人的に好きな加賀選手がほとんど試合に出場しなかったのが非常に寂しいシーズンだった。


★大分三好ヴァイセアドラー★
今年の三好はいつもと違うと毎年言われ、私もシーズン前にそう記した。
Vプレミアでの最多記録を更新し、負け試合もフルセットが多く、確かに例年より健闘したと言えるだろう。
だがシーズン中も見せた脆さ。負けるときは粘りもなくあっさり負けてしまう部分が入れ替え戦で出てしまった。

まずはセッター。若手の山田がシーズンのほとんどをメインであげた。
このブログの読者の皆様ならわかると思うが、とても可愛くきゅんきゅんさせられるセッターである。
サウスポーでツーアタックが得意。
ツーアタックで相手を引きつけ、タメてからのAクイック等は見ると震える。
乗ってる時は非常に楽しいトスワークを見せる選手だが、乗ってない時がやばい。
やばいほどトスワーク放棄でマイク三昧なのである。非常に持ってよろしくない。

マイクがペピチ並に決めてくれるのならまだいいが、そういうわけではない。
高さはトップレベルだが、やはり若さもあり粗さが目立ち不安定だった。

レフトに関しては高橋和人が過労死してしまうんじゃないかと心配になるほど、
打って守って大活躍のシーズンだったと思う。もちろん彼独特の抜く場面も見受けられはしたが。
問題は対角のレフトである。
昨年の入れ替え戦で活躍し、希望の星になるかと思われた細川であるが、今シーズンはイマイチ不発だった。
レセプションの弱さが露呈し、さらに持ち味であるアタックやサーブでもムラが目立った。
センターもやはりトップチームに比べるとインパクト不足だったように思う。

チームとしての強みが明確に見いだせず、またムラッ気のある選手ばかりで、
そのうち3人くらいがノッてる時には勝てるけど…というのが今シーズンの印象。
悪い時にも粘りのあるチーム、つまり底力のあるチームを目指してチャレンジでは全勝優勝で勢い良く
プレミアに再チャレンジしてもらいたいなと思う。



さて、長くなりました。
今回はふざけた文体をちょっと封印して、真面目風?に書いてみました。
えぇ、非常に僕らしくなかったなと思いますw辛かったです(笑)

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 非公開コメントさん

す、すみません。
素で間違えてました・・・。
訂正しました。ご指摘ありがとうございました。
非公開コメント

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。