スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ男子総括

2011.12.07 21:49|バレー試合予想/感想

土曜日にVリーグ女子開幕ということがさっき判明して、
男女総括、女子の予想記事を書いていたら今日1つアップしなければいけない事態になったので、
書いちゃいます!本日2つ目の記事でございます。

今日は男子の総括を書こうと思います!!
えぇ、おいしいものは後から食べる派です。

今回はスポナビの狩野選手の記事からヒントを得て、10点満点で点数をつけてみようと思います。
あくまで個人的な感想です。
この選手は低すぎる、高すぎると思う場合は、コメントで遠慮なく突っ込んでください。

それでは背番号順にいきます。


・阿部選手 4点
大会前半に宇佐美選手が速い低い病?になってしまったとき、
高いトスでチームを少し立て直した。
センター線が絶望的に使えないことが課題。

・永野選手 7点
初めてのワールドカップということを考えれば十分すぎると思います。
ディグと繋ぎが光っていて、粘ってつなぐ日本バレーにピッタリ。
声もよく出ていて、チームの土台を支えた。
サーブレシーブが課題か。

・宇佐美選手 7点
序盤はよくなかったですが、終盤は結構安定して、しかも考えてトスワークしていたように感じました。
サーブも大会を通してよかったですし、ベテランとして精一杯頑張っていたと思います。
イタリア戦のように、ある選手にこだわってしまうのはやめたほうがいいと思う。
センター線をもっとも効果的に使った大会で、これがなければもっと悲惨な大会になっていた。
センターの占有率はこれをキープしてほしいです。

・鈴木選手 無評価
試合出場機会が少なかったので対象外とさせて頂きます。

・山本選手 5点
セルビア線、清水に代わって出場した際はベテランとしての姿を見せ、流石の一言。
それ以降は機能してなかった。
というか監督に機能させてもらえなかったのが残念。

・横田選手 無評価
試合出場機会が少なかったので対象外とさせて頂きます。

・田辺選手 無評価
試合出場機会が少なかったので対象外とさせて頂きます。

・松本選手 8点
男子最高得点。とにかくこんなに素晴らしい松本選手は初めて見た。
パワーがついたようには見えないが、決定力は明らかに増していて、
しかもネットから離れたクイックを超クロスに決めたときは感動した。ビックリした。
いまむーファンとしては、堺でそれをやってあげてほしいのだが。
いずれにせよ、このプレーが安定して出せればスタメンは固いのではないだろうか。
ブロックが課題か。

・山村選手 3点
クイックはそこそこ。ブロックがダメすぎる。
クイックは決定率は低くないのだが、大事なところでミス・シャットアウトされてる印象が強い。
非常に個人的な意見だが、コートを走り回ってるのにイラッとする。
ベテランなら、他にチームを引っ張る方法がないののだろうか?

・清水選手 5点
とにかく失点が多い。スパイクにしても、サーブにしても。
サーブは攻めるサーブならミスも仕方ないと思うが、明らかに力を抜いているサーブで大きくミスされると、
チームとしての士気も下げるのではないだろうか。
苦しいトスがあがってきてるのには間違いないが、それがオポジットというポディション。
特に清水はレシーブや繋ぎの部分でかなりチームの足を引っ張っているので、それで今大会のようなスパイクの出来だと厳しいと言わざるを得ない。
大会後のインタビューで「Vリーグでは学べないこともある。」なんて言ってたようだけど、
確かに学べないこともある。が、終盤に清水がミスを出して負けるのはリーグでも同じ。
それがスター軍団パナソニックが前リーグで4位だった1つの要因なわけだから、そこをリーグでもかみしめてプレーしてほしい。
そしてブロックが酷い。山村より酷い。山本選手に習うがいいさ。

・福澤選手 6点
7点と迷った。序盤がよくなかった。
だが後半からはサーブミスも減り、しかし攻めたサーブだったのは大いに評価できると思う。
しかしそれでいてサービスエース0は不運というか、諸外国がさすがというか。
改善の余地ありということでしょうね。
スパイクは相変わらず決め打ちで1枚にドシャットが多い。改善する気はあるのか。
ハイセットで2枚付かれたときの打ち方はどんどん良くなっていくのが目に見えてわかるので、
その調子で精度を高めてほしい。
レシーブは頑張ってるけどまだまだ。まずリーグで60%目指して頑張って。

・八子選手 3点
レセプションが返った時はスパイクが通ることが判明した。
それだけの大会だった。
レシーブ・2枚付かれたとき・サーブ・メンタル。課題は山積みである。
怪我明けに無理をさせられて、また再発した模様。
植田監督の間は充電期間にしたほうがいいでしょう。
JTで力をつけて、リオで大活躍するよう祈ってます。

・石島選手 5点
相変わらず好不調の波が激しい。
そしてフローターサーブで毎試合あそこまで崩れるベテランは如何なものか。
スパイクもきちんと強打できるポイントが少ないように感じるし、どうしたものか。
ブロックはさすがで、MBも含めて一番上手いように思います。
そのブロック力、もったいなさすぎる。
せめてフローターサーブだけでも克服を。
そしてすぐモチベーション下がるのどうにかしよう。

・米山選手 7点
出番が少ない。今大会もっとも冷遇された選手であろう。
2勝の原動力になったことは間違いなく、それ以外の試合でもやはりWSでは断トツのレシーブ力と、
安定した繋ぎは、日本バレーに欠かせないものだと感じさせられた。
トスが悪く早すぎるのもあるが、スパイクが以前より少し余裕がないように感じた。
ハイセットの打ち方は流石。
ブロックに若干の課題、そしてずっと言い続けてるが、サーブが大きな課題。

・植田監督 0点
最低でしたね。
意図がわからない、いい流れを断ち切る選手交代やスタメン起用。
タイムアウト中は精神論しか出てこない。
試合後の会見では言い訳、自己保身、自己擁護の言葉ばかり。
あげく他競技を見下すような言動。
大会中に選手に「俺が責任を取るから精一杯やれ」と言ったそうですね。
責任とって早く辞めてほしいんですが。

・チームとして 3点
女子に比べて、どうしてもまとまってないように感じてしまう。
監督と選手間の溝も感じる。
また、相手の2段からのスパイクに対し、抜けるはずのないコースに打たれ点数を取られたときや、
ブロック2枚できっちりコースを防ぎ、スパイクが抜けてレシーバーが入ってるところに来たのに拾えなかったとき。
強豪だったら「おいっ!」と咎めるような場面が結構ありますが、日本だとなぜか「仕方ない。」という表情で済ませてしまってることが多いと感じました。
そりゃ次に切り替えることも大事。雰囲気を壊さないことも大事。
だけど1点にかける思いっていうのをもう少し出してほしいな、とも思いました。
あと、20点以降のミス、監督のせいだけではない。
そこんとこもチームとして乗り越えなければいけないと思います。

とにかく監督がこの調子ではロンドン五輪へ出場するのは厳しいと思います。
イランがすごく強くなってますし、今の日本は韓国にも勝てる気がしません。
この状況で監督が続投するというのもあり得ない、おかしい話なんですが、
もし続投するなら相当危機感を持って、というかもう足を引っ張らないことだけ考えてもらって、
選手選考・スタメン起用などがまっとうであれば行ける力を持った選手はそろってると思います。
とにかく足を引っ張らないでもらいたいですね。

Comment

非公開コメント

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。