スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ女子総括

2011.12.08 23:08|バレー試合予想/感想

昨日の男子に引き続き女子の総括を行いたいと思います。
同じく、点数を背番号順につけていきます。


2番 中道選手 7点
全試合2枚替えで登場でしたかね。
今大会この2枚替えが機能しなかった試合はほとんどなかったように感じました。
竹下選手に比べるとトスが低いことが多いですが、それでも途中出場でそつなくコンビを組み立てるのは流石でした。

3番 竹下選手 8点
今大会はよかった。すごくよかった。悪い試合を覚えてないくらい。
トス質もトスワークもよかったように思います。
特に岩坂選手や新鍋選手を使うときはすごく気を遣っているのが感じられて、全日本の母的な何かを感じた。

6番 佐野選手 7点
うーん、8点と迷ったんですけどねぇ。
最終東京ラウンドは神のような活躍でした。
だけど中国戦の最終セットのような崩れ方もするし…。
トスに関して、アンダー道を極めるならそれでいいと思いますが、今大会は精度が悪くてアタッカーが打ちきれてない場面がちょっと多かったと思います。
まあアンダーで荒木へクイックのトスをあげるなんて芸当ができる女子のリベロは佐野ちゃんぐらいだと思いますが。
というかベテランなのに最終ラウンドに疲れが出て…じゃなくて、どんどんコンディションがあがっていくのは何ww
アジア選手権もボロボロだったのに、ピーキングのもって行き方はすごいと思います。

7番 山口選手 5点
最後のアメリカ戦でいいお仕事したのでぎりぎり5点。
初戦のイタリア戦はMBとして先発。が、この身長では厳しく、全く通用せず。
以来、あまり出場機会がなく、そして満を持して出場したブラジル戦でも不調。
さらに翌日ドイツ戦でも不調で、まぁ今大会はあまりよくなかったですね。
でも最後のアメリカ戦のような巧さ、相手がほんっとにイライラするようなプレーができて、
まさに引っ掻き回す存在というのは貴重ですし、彼女には期待したいです。
サーブが課題ですが、何気にブロックの数値とディグの数値が酷いので、もうちょっと頑張って。
まあブロックに関してはいい基準とってると思いますけどね。

8番 座安選手 無評価
試合出場機会が少なかったので対象外とさせて頂きます。
オーバーでのトスアップが見たかったです。

9番 石田選手 無評価
試合出場機会が少なかったので対象外とさせて頂きます。
敢えて言うなら2枚替えで出てくるならせめて山口ほどのレセプションができてくれないと困ります。
今の状況だと良くも悪くも器用貧乏になってしまっているので、何か武器がほしい気がする。

10番 岩坂選手 7点
6点と迷ったんですが、代表1年目にしてはよく頑張ったと思います。
元々、将来有望枠というか、育成枠の選手だったわけです。
それが井上選手、山本選手の離脱により期せずしてスタメンに抜擢。
アジア選手権では「おいおいこの子大丈夫かいな。」と思いました。
自分の居場所なさげで、メラメラ感が伝わってこなかったですし。
それがよくあそこまで成長しましたね。周りの先輩方にも恵まれたのでしょう。
意識の変化もそうでしょうし、努力もしたんだと思います。すごいです。
一番の武器であるサーブはもちろん、レシーブとトスというセンターが総じて苦手なプレーも、
並み居る先輩方を抜いて近年では一番いいのでは?
ブロックはやはり高さがある分思ったよりいい感じで、経験を積めばどんどん伸びる予感。
課題はスパイク。強豪国にはまったく通用しませんでした。
なんとか国際大会で通用するレベルのブロードを習得することが急務だと思います。
筋トレも半年頑張れば1回りパワーアップするはず。
ワールドカップで覚醒したのです、リーグでの急成長に期待したいです。

11番 荒木選手 7点
8点と迷ったけど前半が酷かったし、まぁこんなものでしょう。
苦手だった表センターを大会通じて遣り通したことは、彼女にとって大きな経験になったのではないかと思います。
ブロードも山本選手のような身の軽さはないけど、ストレートぎりぎりに打ち込めるようになったし。
まあでもアラキングは絶対大事なところであれをアウトにする気がするけども(笑)
ラリー中に普通にライトオープンの助走になったのは大きいと思う。アラキングの長所をいかんなく発揮。
1枚だったらオープンでも決められる力持ってるし、オプションの1つとして確立してほしいと思います。

12番 木村選手 9点
とにかく素晴らしかった!
寺廻さんのお言葉を借りるなら「彼女は、とうとう飛び抜けてしまった!!」
ベストスコアラー(総得点)        4位!180点
ベストスパイカー(スパイク決定率) 5位!41.9.%
ブロックランキング           13位!0.47(WSでは2位)
サーブランキング            12位!0.29
レシーバー(サーブレシーブ)      3位!59.7%(WSでは1位)
ディガー(サーブ以外のレシーブ) 10位!2.37
すべての、すべてのランキングで15位に入るなんて…
さおりんお仕事しすぎです。
しかも日本のエースとして徹底マークをされるなかでのこの成績。
神です。マジ大好きです。
1点の重みを知っていて、時にアスリートのような表情を見せたと思うと、
満面の笑顔でその場で1回転して仲間と喜び合う。
そして恐ろしいまでの勝負強さ、彼女こそ100年に1度の逸材だと思います!!
彼女に改善してほしいところなんてない。
今大会のプレーをコンスタントにしてほしい。そして怪我だけは、怪我だけはしないでね。

13番 新鍋選手 6点
新鍋ちゃんは点数付けづらいなぁ。
いくらサーブレシーブがいいからって、世界からサーブで狙われたら精神的に結構来るんだろうし、
スパイクのリズムを失ってしまうというのは、さおりんを見てきた我々にはよく分かる(つもり)
それで序盤のスパイク不調に陥ったのだとすれば仕方ないのかなぁ。
レセプションもBパス多かった気がするけど、1年目であの守備範囲ってのもすごいですし。
序盤は全体的に調子はあまりよくなかったけど、ドイツ戦の活躍はお見事でした。
第5セットにあの活躍ができるとは、真鍋監督のいう「勝負強い」というのも頷けます。
サーブも決して強くはなさそうだけど連続得点する場面も多かったし、ブロックも思ったほどは穴になってなかった。
現状、新鍋ちゃんは来年も選ばれるでしょうから、2年目こそ慣れて自分のプレーを思う存分してほしいですね。

14番 江畑選手 8点
9点と迷った。迷ったんだけど中国戦の第2セットとセルビア戦。
あれがなければ9点でもよかったと思うんだが。
それにしても彼女は今大会でまた大きく成長した。
大会中に身につけたという最高打点でハーフスイングで相手コートの最奥を狙うショット。
中国戦ではアウトにしまくったわけでですが、最終日アメリカ戦ではほとんどすべて入っていて、その得点能力には驚かされる。
レシーブ免除のレフトエースは珍しいが、それに見合う活躍をしてくれたんではないかと思う。
ディグも去年から大会を重ねるごとに明らかによくなっていくのがわかる。
課題としては今からサーブレシーブとかして攻撃のリズムを失ってほしくないので、まぁレセプションは免除でいいと思う。できればやってほしいけど。
当面の課題はディグを安定させること、そしてブロックでしょうね。
これってチャレンジで上達するのかなぁ。チャレンジリーグ見たことないからなぁ。

15番 狩野選手 無評価
試合出場機会が少なかったので対象外とさせて頂きます。
敢えて書くならジャンプできてなさすぎて悲しい。
目を引くプレーがレシーブとトスって…もちろん繋ぎがいいのは素晴らしいことなんですが、
身長を生かしたプレーを期待されてるのでブロックとスパイク頑張ってほしいです。

16番 迫田選手 無評価
試合出場機会が少なかったので対象外とさせて頂きます。
敢えて書くなら格下のアルジェリアだったか?決定率はよかったけど効果率が低い限り、エバちゃんを越せないよ!
今季はリーグでサーブレシーブに挑戦するそうなので、注目したいです。
50%返せれば御の字ですが、無理そう…。いい意味で期待を裏切ってほしい。

18番 森選手 無評価
試合出場機会が少なかったので対象外とさせて頂きます。
どのチームも選手も来たがらないような状況で追加招集に応じてくれたこと、
バレーファンは忘れません。ありがとうございました。

真鍋監督 8点
選手起用がすごくまとも。
大会直前に怪我明けで万全ではない栗原選手を外したとき「この監督一味違う!」と思いました。
試合のスタメン起用も選手交代も意図が伝わってくるし、タイムアウト中の指示は具体的だし、
誰かさんに見習ってほしいです。同期なのになぜこんなに違うんだ!
1つスタメン起用で「えっ!?」と思ったのはドイツ戦で散々だった山口をアメリカ戦でも起用したこと(笑)
でも結果的には采配はあたったわけだし、見る目が違いますね、流石です。
竹下前衛時の弱点を2枚替えを多用することによって軽減する戦術が確立されてきたのもすごいと思います。
ただ2枚替え終了時、山口は戻すけど竹下を戻さずに狩野のサーブを選択する場面が結構あったと思います。
あれ、すっげー謎なんですが。どういう効果があるんだ?
竹下選手より狩野選手のサーブがいいってこと?んーそうは見えなかったけどなぁ~。
それよりもしラリーになったときにセッター不在なほうが痛いような。
狩野選手はバックアタックもほとんど打たなくなってしまったし。ホンマ謎でっせ。
直してほしいのは不機嫌があからさまに表情にでること。

チームとして 7点
1位が10点として4位だから7点!ってそんな安易な(笑)
今大会は中国に負けたこと、それにつきるのかな~なんて。
後はセルビアにストレートで負けたこともか。
イタリアの負けはまぁ仕方なかったと個人的に思う。あんないいイタリーは近年見たことなかったし。
中国戦の負けはなんていうんだろう、男子の「20点以降のプレッシャー」というより、
中国が相手であることの複雑なメンタルが関係してたように感じます。
中国は「日本には負けない!」と熱く思ってたそうで、
日本は勝ちそうなんだけど、中国なんか怖い、苦手だしって思ってたところからの逆転負けだったのかなって。
そんな中国への苦手意識は五輪までになんとかしていただくとしましょう。
セルビアの負けも痛いけど、きちんと対策すればなんとかなるでしょう。
負けたのはその3つだけか。やっぱ女子はすごい。
ブラジル・アメリカにストレートで勝っちゃうんだからすごいよね。
特にアメリカ戦はチームのエンジン全開で、あのバレーしてたら五輪でも金取れんじゃね?と本気で思った。
今の全日本女子は本当にオリンピックでメダルが狙えるチームだと思う!
そのためにはチーム力を落とさずに、チームのピークを五輪にもっていくこと、
そして岩坂のポジション、表センターの強化が必須。
山本・井上選手が返ってくるにしても、試合勘とかは厳しいだろう。
そういうわけで来年の全日本のキーになるのは久光ではないかと思っている!
もちろんさおりんアラキング竹下佐野ちゃんエバには今年ぐらいのパフォーマンスをして頂いて、
そのうえで、岩坂・新鍋ちゃんと、あとは石田・座安選手がリーグで一回り成長したとき!
全日本は盤石の強さを手に入れるに違いない!
頑張れ、久光メンバー!
だがリーグはNECを応援するがな(おい)

Comment

非公開コメント

プロフィール

かみぃ

ハンドルネーム:かみぃ
twitter:spd_v

最新記事

最新コメント

カテゴリ

お気に入りリンク集

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

訪問者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ページトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。